離婚の種類によって違う問題点

意外と知らない?離婚の種類
「離婚」と一口に言っても、その性質によって3つの種類に分けられます。その種類によって必要な手続きや当事者の苦労も違ってきます。今まさに離婚を考えている方や、将来離婚するかもと密かに考えている方は知っておいた方が良いでしょう。
@協議離婚
最も一般的な離婚と言える種類です。夫婦とも同意さえしていれば、離婚届を提出するだけですぐに離婚の手続きが完了します。日本の離婚の約9割が協議離婚です。
A調停離婚
夫婦ともに同意をしている協議離婚とは違い、どちらか一方には離婚の意思があってもう一方が離婚の意思を受け入れない場合、当事者だけの話し合いでは離婚を成立させることが出来ません。そこで、裁判所の調停委員を含めて話し合いを行って結論を決める方法があります。これが一般的に言われる「離婚調停」というものです。これによって成立する離婚が「調停離婚」です。離婚調停では、最終的な決定には夫婦の同意が求められます。第三者を交えて話をしたことにより、婚姻継続の結論を出す夫婦もいます。
B裁判離婚
離婚調停で夫婦が同意しなかった場合に、裁判で結論を出す方法です。ここでは、離婚をしたい側が離婚を成立させる目的で行うことになります。民事法も交えて裁判所が判決を下す為、その結果には逆らうことはできません。
Copyright (C) 離婚の問題を解決する的確なアドバイス All Rights Reserved.